「あつまれ どうぶつの森」進捗報告だなも①

私も…いちおう発売日に買いました。

前作はやってたけど、いつのまにか放置…でも今回こそは!というわけで。

1日にプレイできる時間が不規則なので、数日分まとめて書いています。

コロナだけど、普通に仕事はあるんですよね。

無人島生活スタート!

というわけで、たぬき開発の「無人島移住パッケージ」を購入した私は、

どこか遠くの見知らぬ島へ。

何かやらかしてからの、島流しではないぞっ

無人島に到着し、さっそく自分のテントを張りました。

いよいよ無人島生活の第一歩です!!

その夜は、この無人島移住パッケージのサポートをしてくれる「たぬき開発」のたぬきたちと、

同じ無人島に来たどうぶつたちとキャンプファイヤーをしました。

最初から完全に一人ではなく、どうぶつたちもこの島に一緒に住むようですね。

まあ、たしかに人はいないから「無人島」か…

ちなみに、左の黄色いうさぎが「ミラコ」、

右の赤いどうぶつが「1ごう」ですね。

これから、よろしくね!!

そして、島の名前は「かりん島(とう)」にしました!!

おいしそうでしょ?

しかし、次の日!!

たぬき開発のたぬきちが…ニッコニコで…

「渡航費・人件費・設備費・スマホ代…諸々あわせて、合計49800ベルになりまーす!」

49800ベルって…聞いてないんすけど。。。

無人島生活にお金を持っていくはずもなく、大ピンチ!!

しかし、このパッケージは無人島生活をしていくことで溜まっていく「マイル」で支払うことができるとか。

なんと!わずか「5000マイル」!!

というわけで、有無を言わさず「マイルプログラム」に加入させられた私。

まあ、そんな感じで新生活がはじまりました!!

でもね、一人暮らしするのに「無人島生活」なんて、いきなりヘビーすぎなんですけどね。

どうしちゃったのかな、私。

自由な無人島生活とは、一体…。闇が深い…。。。

かりん島では、ひたすら川や海で魚釣り!虫取り!

釣った魚や虫は、家や島に飾ることもできるけど、売ってお金にもできます。

そして、魚釣りなどのノルマをこなすことで、マイルも貯まります!!

しかし、つりざおや虫取りあみなどの道具は、何回か使うとこわれてしまいます。

そしたら、島の木や石からDIYをしてまた作ればOK!!

ところで、かりん島では毎日たぬきちの島内放送があるんですよね。

この日のニュースは、

かりん島に、島の虫や魚に興味津々だという「フータ」さんという方がやってきた件でした。

なぜかチョウザメやクリオネまでいろいろ釣れる島・かりん島。

そりゃ興味津々にもなりますよね。

時々、ゴミも釣れますね(涙)

でっ、でも……!岩を叩くとお金が出てくることもあるしっっ!!

ところで、そろそろテントも手狭になってきたなぁ…ということで、たぬきちに相談してみると…

なんと、オプションで自分の家を建てることもできるみたい!

よっし、お願いしてみるか!!

(でも、お高いんでしょう…?)

あ、98000ベルかかるの…

これからかりん島の魚や虫をたくさんゲットして売ってお金を稼がないとね!!

ローンは後払いだから、とりあえず発注したよ!!

そして、翌日には完成するというこのスピードよ。

ピンク屋根のマイホームが完成!!まだ小さいけど、第一歩だね!!

かりん島初のお店をつくろう!

さて、たぬきちの部下のまめきち達から相談が。

この事務所のテントのなかで必要な道具を売っていたのですが、自分たちのお店を持ちたいって。

扱う道具の数も増えるということで、いいじゃない、便利になりそう!!

しかし、建築資材が足りてないということで、島じゅうから木材やてっこうせきなどをかき集めることに。

時には、島の住人がおすそわけしてくれたり。

大事な筋トレ資材を…ありがとー!

さらに、自分の島だけでは資材が足りなくて他の無人島に行っていました。

他の島にも遊びに行けるチケットが、マイルで買えるんですよね。

かりん島の飛行場から、「機長の気分次第で」どこかの無人島へと…!

そこに、偶然訪れていた「ブーケ」ちゃん。

なんかワケあり??

そんな彼女に、せっかくだからうちの島に来ない??と誘ってみました。

すると、なんと「かりん島」に引っ越してくれるみたい!

これで、島の生活が楽しくなりそう♪

いつ来てくれるのかな?たのしみ!!

…と、資材集めをしながら、ついにマイホームのローンを完済したよ!!

またローンですねわかります

博物館がオープン!

そして、翌日。ついにこの島に「博物館」が!!

館長のフータさんに初めてゲットした虫や魚を預けると、

館内に展示してくれるそうです!たのしみ!!

また、化石の鑑定・展示もしてくれるそうですよ!

なんと!かりん島では、何かあるたびにセレモニーを開いてもらうことができます。

まだまだ寂しい人数だけど、きっともっとにぎやかにするよ!

わたしも一言…?お、おう……

そして、記念撮影タイム♪

そして、その博物館に行ってみると。。。

フクロウの習性らしく、朝っぱらから寝ているフータさん?

それはさておき。

博物館の中はこんな感じ。

あの大きさの建物なのに、こんなに広い!多彩!!ロマンチックじゃないですか。

ちなみに、かりん島には夜にタランチュラがいるので注意だよ!!

無  言  の  圧

タイトルとURLをコピーしました